育毛食材とは?何を食べたらいいの?

女性 髪の毛
ティモテ・・・知ってる人はアラフォーです

体のためにいいものを食べているという人は多いと思いますが、髪の毛のためにいいものというものを意識した食事をしている人は少ないと思います

基本的には体に入るものなので、体にいいものを食べると当然髪の毛に良い

そういったわけで今回は具体的な育毛食材をあげていきます

人間の体は、栄養素が不足すると内臓などの生命維持を優先するために容赦なく肌や髪の毛への栄養供給をストップしようとします

育毛への鍵となるのは、「髪に栄養を行き届かせながら健康体に近づくこと」です

今回上げる食材を網羅しつつ、食べすぎに気をつけて食べるようにしましょう

今回の記事でわかること

・育毛食材がわかる

・髪の毛に悪い食材もわかる

・髪の毛が生える?

以上のことについて解説していきたいと思いますので最後までお付き合いください

目次

  1. 食べるべき食材たち
  2. 野菜は当然食べるべき食材
  3. 魚は日本人に向いた食材
  4. 肉もいいぞ!!
  5. 飲み物は基本水とお茶以外は悪
  6. 「低GI」に気をつけよう
  7. 育毛にプロテインは必須
  8. 育毛のためのプロテイン選び
  9. そうだ!水を飲もう
  10. まとめ

食べるべき食材たち

野菜 栄養
いかにも体に良さそう

野菜、キノコ類、豆類、海藻類、木の実類

トマト、ブロッコリー、にんじん、パプリカ、ほうれん草、オクラ、きゅうり、ベビーリーフ、玉ねぎ、スプラウト、キムチ、しめじ、しいたけ、なめこ、豆腐、納豆、味噌、わかめ、ごま、アーモンド、くるみ、カシューナッツ

魚類

アジ、イワシ、サンマ、ホッケ、シャケ、マグロ、サバ、ハタハタ、エビ、イカ、タコ、アサリ、カツオ、シャコ

肉類

鶏肉(ムネ肉、もも肉、ささみ肉)

豚肉と牛肉はざっくり油が少ない部位を選択する

鹿肉、馬肉、熊肉、鯨肉、羊肉、猪肉

炭水化物

玄米、雑穀米、オートミール、粟、ひえ、蕎麦、芋類(ダイエット期間はなるべく白米、小麦を避ける)

飲料

水を中心に、緑茶、ほうじ茶、ブラックコーヒー、紅茶(無糖)、無調製豆乳

野菜は当然食べるべき食材

出典「美味しんぼ」花咲アキラ 雁屋哲 海原雄山
出典「美味しんぼ」花咲アキラ 雁屋哲

野菜は基本的に何を食べても良いです

炭水化物が多いものもありますが、基本的には水と食物繊維です

お腹が空いたらトマトに食らいついている友人もいます🦍

芋類はさつまいもを生でかじるなら良いですが(生でさつまいもを食べると咀嚼も多くなりごく少量で満腹になりやすい)、その他は糖質を多く含むので少し控えましょう

野菜はビタミンやミネラルが豊富なので、肉などのタンパク質の代謝をサポートしてくれます

そして食物繊維が腸などの内部をきれいに掃除してくれる働きもあるのでメリットしか見当たらない食材です

ただし冒頭の海原雄山がいうようにドレッシングを大量にかける人がいるのでそれはダメ

魚は日本人に向いた食材

出典「美味しんぼ」花咲アキラ 雁屋哲 海原雄山
出典「美味しんぼ」花咲アキラ 雁屋哲

魚は日本人にマッチした食材です

肉食文化が入ってきたのはわりと近年の話で、海に面した日本は魚を食べる文化の方が圧倒的に長い

魚は調理がめんどくさい、ゴミが臭い、値段が高い・・・

しかし、髪の毛の栄養素をサポートするオメガ3脂肪酸をはじめとする良質の脂を保有している

低脂質で高タンパク、カロリーも低い

その一方、調理で使用する醤油や塩が高くなる傾向にあるので何も付けずに食べましょう

素材の味をしっかりと味わいましょう

肉もいいぞ!!

ステーキ 肉 甘い
肉はうまい

肉は魚と同じく低脂質、高タンパクです

肉のいいところは重量があり、たくさん食べた感じが出て満足感があるというところです

だが、脂質が多いものもあるのでなんでも食べたらいいというものではない

出典「美味しんぼ」花咲アキラ 雁屋哲 肉 
出典「美味しんぼ」花咲アキラ 雁屋哲

消化にも時間がかかるのはいいのですが、分解にも時間がかかり、肝臓にも負担もかけやすく、オナラが高確率で臭くなります

運動をしつつ筋肉量を増やしたい人にはとって欲しい食材です

飲み物は基本水とお茶以外は悪

金と銀 悪
イラストに特に意味はありません

出典「金と銀」福本伸行

やっぱり飲み物は基本的に水がいい

烏龍茶でも、ほうじ茶でも、麦茶でもない

水、白湯時々お茶、コーヒー(ブラック)、紅茶(武藤敬司)の香りでリラックスする

ジュースが飲みたくなった時は太ももにナイフを刺して正気を保とう

出典「北斗の拳」原哲夫 武論尊 サウザー
出典「北斗の拳」原哲夫 武論尊

清涼飲料水はあなたの努力を全て無に返すくらいの劇薬なので飲まない方が良いです

焼肉やラーメンなどの塩辛いものを満腹になるまで食べた後

満腹なはずなのに甘い清涼飲料水が入ってしまうこの恐ろしさを皆さん実は気がついていない

飲み物は満腹でも入ってしまうのです

特に塩辛い味からの甘い飲み物は無意識にカロリーをとってしまう典型的な例です

となると、水以外の選択肢はないことはもはや明白なのです

「低GI」に気をつけよう

野菜 
野菜うまいよね

GIとは、血糖値の上昇率を表す数値名称です

先程の甘い清涼飲料水がどうしても飲みたい人は、その努力を他に使えばあなたはもうとっくに富豪になっているというくらいの努力を飲みたい欲に注力しこう言う・・・

「ゼロカロリーのやつなら飲んでいいんじゃない??」

出典「ドラゴンボール」鳥山明 フリーザ
出典「ドラゴンボール」鳥山明

ゼロカロリーのやつは、砂糖の代わりに人工甘味料をぶち込んであります

人工甘味料は飲んだ瞬間に体を勘違いさせるようにできています

空腹感を感じやすくなり徐々に甘いものを欲する体になっていきます

そうして依存してしまってまた清涼飲料水に手を出してしまうといった結末を迎えることになります

育毛にプロテインは必須

プロテイン 女子
プロテインはもう当たり前の時代

育毛に限らず美容などには食が密接に関わっている事は十分理解できたでしょうか?

体を健康にすることで体内環境が整い、その結果、頭皮環境も整うということです

体を健康に保つには、現代人が摂りすぎている「糖」「脂」を必要量制限して、不足しがちな野菜、タンパク質、水を摂取しましょうということです

しかし色々な食材を摂り入れていこうとするとかなりのカロリーを摂取してしまうことになります

野菜や水などはかなりの量を食べてもカロリーに反映される事はほとんどありません

しかし、体に必要なタンパク質を摂取しようとすると肉や魚、大豆食品などを食べないといけません

必要なタンパク質量についてはこれらの記事を参照

肉などでタンパク質を摂取しようとすると、もれなく糖と脂がセットとなり、すぐにカロリーオーバーになってしまいます

食材で糖と脂をクリアできているのは鶏肉のみとなります

かといって毎日鶏肉ばかり食べるのはちときつい・・・

そこで登場するのが「プロテイン」というわけです

プロテインとはタンパク質のことであって、薬物ではない

1回の摂取で余裕で20〜30gのタンパク質を摂取できます

ちなみに余分なカロリーもカットしてあるので低カロリーである

「育毛に限らず美容にはプロテインは必須」なのです

「私は筋肉が欲しいのではなく、髪の毛や肌をきれいにしたいのだ!!」

という人がいると思います

改めて書きますが、タンパク質不足は、髪の毛や肌の材料不足とイコールです

しかも髪の毛に行き届くタンパク質は最後の最後で、肌の次です

少し余分にとるくらいじゃないととても届きません

気合や根性では髪の毛は生えてこないです

育毛剤で毛根付近をこねくりまわし刺激しても髪の毛を生み出すタンパク質が生成されなければ髪は生えない

ついでに肌も同様で、いくら高級な化粧水で顔面をこねくり回してもしわは伸びないし潤いは出ない

材料無くして育毛なし

本来ならば食事で摂取できればいいのですが、豊富なタンパク質を摂ろうとすると、カロリーオーバーになってしまうのです

結果的に継続ができなくなりいつしか自分に言い訳してやめていくのです

マッチョになって欲しい訳でプロテインを勧めているわけではなく、プロテインは髪を生やすために必要なのです

もちろん肌にも必要

育毛のためのプロテイン選び

プロテイン 飲む人

育毛や美肌のために飲むプロテインに味なんて関係ありません

うまいまずいを求めているのではなく、髪の毛を生やすことを求めていることを忘れるべからず

プロテインの分類と該当する人を簡単に表すとこうなります

太っているなら「植物性プロテイン」

痩せているなら「動物性プロテイン」

太っている人はソイプロテインがおすすめなのは、ゆっくり吸収するという特性があるからです

ゆえに腹持ちが良い

なので筋トレをして損傷した筋肉にタンパク質を速攻で送らないといけないマッチョはホエイプロテインを飲むのです

痩せている人は筋肉をつけて、代謝をアップさせて血流量を増やさないといけないので動物性のホエイ一択です

そして育毛に関してさらにプロテインを選ぶなら「植物性プロテイン(ソイプロテイン)」になります

ソイとは大豆のことで、大豆イソフラボンという物質が多く含まれています

これが女性ホルモンと似た働きがあり、ホルモンバランスの崩れで髪が薄くなる「男性型脱毛症」を防ぐ効果があります

ホルモンバランスの調整は、脱毛・薄毛予防に役立ちます

もちろん大豆イソフラボンは女子の美肌にも、一役買ってくれます

あなたはマッチョになりたいわけではなく、髪の毛や肌をきれいにしたいのでしょう?

そうなると「ソイプロテイン」は強い味方となります

そうだ!水を飲もう

水 

「十分な水分を保有した身体はあらゆることにおいてメリットしかない」といっておきましょう

血液・・・血液が流れるためには水が必要。栄養を運ぶのも老廃物を流すのも水。

筋肉・・・筋肉は水分を貯蓄する。柔らかい弾力のある筋肉に水は必須

・・・潤いとは保水力。水分がないからカサつくしシワやシミができる。

水分が枯渇すると血中濃度が上昇し、血液がドロドロになります

どんなに良い食事や運動、睡眠を心がけても、水なくして髪は生えません

水は水道水でも良いです

しかし一気に大量に飲んでしまっては腹を壊してしまい、せっかく摂った貴重な栄養が流れ出てしまいます

ポイントは、「いかにお腹を壊さずに1日2リットルをクリアするか」です

水分をとっては出す(尿)

こまめに水分を補給するために調整を行う必要があります

毒素を排出しつつ体内をきれいに保つために、こまめに飲んでこまめにだそう

トイレの回数が増えるって?

出典「ドラゴンボール」鳥山明 フリーザ
出典「ドラゴンボール」鳥山明

髪をはやしたいなら・・・

肌をきれいにしたいなら・・・

トイレくらい行きなさい!

「文句は生えてから言いなさい」

まとめ

野菜を食え

魚を食え

肉を食え

低GIに気をつけろ

プロテインを飲め

水を飲め

今日言いたい事はそれくらい

最後まで読んでくれたあなたが大好きです

画像8
画像9

筆者のプロフィール

画像11

筆者は国家資格である柔道整復師として身体の不調や痛みの原因を根本治癒させるために今まで数千人の患者さんの治療を行なってきました。そんな中、筋肉やトレーニングだけでなく、栄養や生活習慣の面からも改善しないと根本治癒できないと考え研究を行っています。「運動・休養・栄養」の3つの柱で患者さんの生活の質の向上を考え治療活動中です。海原雄山・北大路魯山人と並ぶ自他ともに認める美食家。練習相手不足、そんな時はイメージの力が重要・・・

YouTubeや他のSNSは下記のリンクから^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/1180/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA