日本人が重点的に鍛えるべき筋肉はカラダの後ろ側

ジムなどでトレーニングをしているとよく目にするトレーニングが、ベンチプレスや腹筋運動、ダンベルカールです

ダンベルフライ 女性
日本人が重点的に鍛えるべき筋肉はカラダの後ろ側
シットアップ 女性
よくやるシリーズ
女性 男性 トレーニング
よくやるシリーズ

これらのトレーニングの共通点は自分の目から見える所を鍛えている事です

目に見えない部分、背中やお尻、太ももの後ろなどは意識して鍛えることがなかなかできません

普段から目にする機会が少ないカラダの後ろ側は、カラダの前側に比べて力が弱い傾向にあります

人間のカラダは、力を抜くと指先からすべて縮んで胎児のように丸くなっていきます

丸くなる姿勢は意識しなくても、赤ちゃんでも勝手にとる姿勢です

大人になってからカラダを丸めて生活していると良くないのはもはや説明不要です

良い姿勢をキープしたり、カラダのパフォーマンスアップのためにはカラダを縮ませていてはダメなのです

先に結論を言っておきます

日本人は目に見える胸やお腹、太ももの前などよりも、背中やお尻、太ももの後ろを鍛えるべきであると言事です

今回の記事でわかる事

・カラダの後ろを鍛える方法がわかる

・カラダの後ろを鍛える前にすべきことがわかる

以上の事を解説していきたいと思いますので最後までお付き合いください

目次

  1. カラダの後ろを鍛える前にすべきこと
  2. カラダの前面のほぐし方
  3. カラダの後ろの鍛え方
  4. まとめ

カラダの後ろを鍛える前にすべきこと

ちょっと、私の言うこと聞きなさいよ女性
これをすべき!!

では早速、背中やお尻、太ももの後ろを鍛えるトレーニングを始めましょう

そう思っている人は少し待ってください

確かにカラダの後ろを鍛えるのですが、その前にすることがあります

カラダを伸ばすためには、カラダが縮む原因になっている筋肉をゆるめる必要があります

理由は、縮む筋肉は普段から縮んだ状態で硬直しているからです

例えば、デスクワークの多い人はイスに座る姿勢でカラダの前面が固まってしまっています

この固まった状態で無理に動かしてしまうと、カラダの後ろを鍛えるトレーニングをしても十分な可動域を確保できないどころか、カラダの前面の硬直が伸びるのと邪魔して変な負荷が加わり負担がかかってしまいます

そういった理由により、カラダの後ろを鍛える前にカラダの前面をほぐす必要があるのです

カラダの前面のほぐし方

画像3

上から順に紹介していきます^^

無理をせずに、空いた時間に意識してちょこちょこやっていくのが最良です

お腹

股関節

カラダの後ろの鍛え方

画像4

一番好きなのはデッドリフトです

カラダの後ろ全てを鍛える事ができてとても効率がいいのです

しかし少し難しいのでもう少し簡単な方法を紹介していきます

まとめ

普段意識しないカラダの後ろ

目に見えないからといっておろそかにしてはいけません

良い姿勢を保持する意味だけでなく、運動パフォーマンスを上げるためにも伸ばす筋肉であるカラダの後ろを鍛えるという事は、現代人には必要なことであると考えます

今日言いたいことはそれくらい

画像2
画像1

書いてる人            

広島県の福山市で空手をしながら日々達人になるために体のことを研究している柔道整復師。著者自身も試合に出てその経験を踏まえて日常生活に落とし込み快適な生活を誰でも送れるように体の使い方や考え方を発信している。寒い日が続いております。フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

YouTubeや他のSNSは下記のリンクから^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/2656/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA