体を鍛えたかったらなわとびをしなさい

なわとび、それは子供の頃皆が経験するトレーニング法です

子供の頃を思い出して久しぶりに跳んでみたら跳べなくなっているなんてことが多いと思います

大人になると体も重くなるし、運動の習慣がほどんどなくなってしまうから仕方がありません

しかし、このなわとびという競技は手軽で小スペースでできて運動効率もかなり良くてダイエットにもなると聞いたらやりたくなるのではないでしょうか?

今回の記事でわかる事

・なわとびをするメリットがわかる

・なわとびでのトレーニング法がわかる

・どんななわとびを選べば良いか分かる

以上の事を解説していきたいと思いますので最後までお付き合いください

目次

なわとびの効果

なわとびをするために

なわとびのメニュー

まとめ

なわとびの効果

縄跳びの効果は以下の通りです

・下半身の筋力強化

画像1


なわとびは文字通り縄を跳びます

タイミングをとってジャンプするためにはパワーではなく全身の筋肉を効率よく使って行う必要があります

ウェイトトレーニングとは違う筋肉の使い方なので各種スポーツの補強トレーニングとして使うのにもってこいの競技です

・心肺機能の強化

画像2

後にも紹介しますが、ある程度の時間続けて行う必要があります

できる人は数十分やってもいいのですが、最初は3分を目指してやってみましょう

数分続けてジャンプするということは子供の体重なら容易いですが大人になった体重でやるのはなかなかです

ガチの運動初心者は10回連続を目指してやるのも良いので連続して行うということが心肺機能強化に繋がります

・内臓が動くので便秘解消

画像3

ジョギングをしている時に便意や尿意が急に襲ってくることはよくあります

これは激しく上下の動きが内臓におこるために起こる現象のようです

じーっと座ってばかりで動かない人は、縄なしでもいいのでその場でジャンプするだけでも違うのでやってみてはいかがでしょうか?

・骨盤底筋群強化で尿漏れ予防、改善

これも先程の体の上下運動に関係しています

骨盤底筋群は下半身のウェイトトレーニングなどで鍛えられる筋肉群ですが、なわとびは特にこの骨盤底筋群を刺激しやすいトレーニングです

骨盤底筋群が弱めの人がなわとびをすると、尿漏れしそうな感じになると思います

普段あまり運動をしない人は縄なしでジャンプからやったほうがいいかもしれません

・リズム感アップ

画像5
隊長!お久しぶりです!

テンポよくジャンプするのでリズム感もアップします

基本的になわとびをする時ジャンプするタイミングを考えて跳ぶ人はあまりいないと思います

一定のリズムで跳ぶ事により脳が瞑想状態になり、脳にも良い影響があります

・体幹トレーニング、姿勢矯正

画像6

なわとびをする時に極端な猫背姿勢や傾いた体勢でする人は少ないと思います

というより、真っ直ぐにしていないと連続して跳ぶことが難しくて出来ません

なわとびを跳んでいる時は自然と真っ直ぐ安定した体勢になってしまいます

連続してできない人は姿勢も気をつけてやると効率よく跳ぶことができると思いますので、めげずにチャレンジしましょう

・ダイエット効果

ジャンプするということは全身運動です

一定時間続けたらそりゃ痩せます

なわとびは少ないスペースでわりとどこでも出来ます

ジョギングと違って暗い夜道を移動したりしないので女性が1人でもすることが出来ます

ざっと思いつくだけでこれだけあります😊

なわとびをするために

なわとびをしようと思ったら縄を買わないといけません

100円の奴を買おうとした人は少しお待ちください

それでは軽すぎてうまく飛べないのでこちらを使いましょう

そして、なわとびをするときは裸足でしない事

裸足で縄にひっかると痛いです

そして何度もジャンプするため足に負担がものすごくかかります

靴底のクッションがしっかりしたランニングシューズで行いましょう

なわとびのメニュー

運動初心者の場合

まずは縄なしでリズム良くジャンプすることから始めましょう

その場ジャンプで10回、20回、30回、、、とできる回数を増やしていって慣れてきたらなわとびを始めます

まずは連続して50回くらいを目指していって、3分間跳べるようになって二重跳びなどほかの技へレベルをあげましょう

既に跳べる人

まずは普通に3分間跳んでみましょう

これを1日3セット行うのが無理なくできるようになったら、ボクサーのようにセット数を増やしてみましょう

3分10セットしたらもう達人です

そこまでしなくてもいいので、跳び方をアレンジして途中に駆け足跳びや二重跳び、できる人は三重跳びなどを絡めてみるとゲーム性が出てマンネリ化を防ぐことができます

膝や腰に痛みが出てくる人は基礎筋力や体の使い方が悪いので無理なく自分の体力に合わせて楽しくやっていきましょう

余談

なわとびは私が小学生の頃に近所で爆発的に流行りました

私を含め友達界隈はみんなアホみたいに飽きもせずなわとびをしていました

二重跳び、三重跳びなどはやり尽くして、階段を二重跳びしながらあがる、カイジに出てくる鉄骨渡りみたいな所を二重跳びしながら渡っていくなど本当に流行りました

今となってはよく誰も怪我しなかったなぁと昔の子供のパワー感じます

まとめ

なわとびはカンタンに出来て得られるメリットが豊富

そのわりにはなかなかの激しい運動になるので、自分の体力に合わせてやっていくことが大切

今日言いたいことはそれくらい

関連記事も読んでね^^

書いてる人            

広島県の福山市で空手をしながら日々達人になるために体のことを研究している柔道整復師。著者自身も試合に出てその経験を踏まえて日常生活に落とし込み快適な生活を誰でも送れるように体の使い方や考え方を発信している。特にな飛び方ははやぶさ^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/706/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA