脂肪を燃やし、元気を作り出すパワーホルモン「甲状腺ホルモン」とは

最近あなたは、今までと違うことにチャレンジしようとしていますか?

特に何もチャレンジしようとしていない

服装や体型を気にしなくなってきた

そんな人は「甲状腺ホルモン」の分泌が少なくなっているかもしれません

今日はそんなパワーホルモンである「甲状腺ホルモン」について解説した内容になっていますので、最後までお付き合いください

目次

  1. 甲状腺ホルモンとは
  2. 甲状腺ホルモンの主な働き
  3. 甲状腺ホルモンの分泌が足りないと
  4. 生きてく強さを!美意識などを高める甲状腺ホルモン
  5. まとめ

甲状腺ホルモンとは

甲状腺

甲状腺ホルモンの分泌場所、「甲状腺」

働く場所「全身」

分泌のタイミング「随時」

甲状腺ホルモンの主な働き

ストレッチ 女性

甲状腺ホルモンの主な働きとは、食物として体内に取り入れた栄養素を燃やして、エネルギーに変えることです

成長ホルモンの働きを助けて、体の新陳代謝を促したり、基礎代謝を上げて太りにくくする働きもあります

成長ホルモンについてはこちら^^

何か新しいことを始めようとするときや、物事ややり遂げるためのエネルギーを生み出すのも、この甲状腺ホルモンの役目です

元気を生み出すパワーです

甲状腺ホルモンの分泌が足りないと

空のカップ から
空のカップ

年齢を重ねて、甲状腺ホルモンの働きが落ちると、体がだるくなったり、声がかすれたりします

悪化すると「橋本病」になります

橋本病とは・・・老化によって甲状腺の機能が落ちてくることで、甲状腺ホルモンの分泌が減り、体がだるい、疲れすぎる、貧血、便秘がちなどの症状が出ます

服装や体型に興味がなくなり、急にコレステロール値が上がるのが特徴です

逆に過剰に分泌すると「バセドウ病」になります

バセドウ病とは・・・甲状腺が働きすぎて甲状腺ホルモンが過剰になると、エネルギー代謝が高まり過ぎて、体が熱っぽくなる、食欲が旺盛なのに痩せる、動悸がする、血圧が上がる、などの症状が出ます

目が飛び出たようになるのもこの病気の特徴です

生きてく強さを!美意識などを高める甲状腺ホルモン

フィットネス 女性

「今の現状から抜け出したい」

「新しいことを始めたい」

そう思ったとき、生きてく強さを与えてくれるのがこの甲状腺ホルモンです

脂肪や糖分などの栄養分を燃やしてエネルギーに変えるのが主な仕事です

中性脂肪を抑えたり、コレステロールをどんどん使って、スタイルを綺麗に保とうとする作用もあります

しかし、加齢により甲状腺ホルモンが急に減ることがあります

すると、コレステロール値も上昇して、見た目に気を配ることがめんどくさくなってしまいます

いわゆる「オヤジ化」「オバサン化」が進んでしまいます

いつまでも美しくかっこよくあるためにも、大切なホルモンです

まとめ

甲状腺ホルモンは脂肪や糖分などの栄養素を燃やしてエネルギーに変える元気の源

仕事を頑張りすぎると分泌過剰になり疲れるのでほどほどに

綺麗でありたい、かっこよくありたい気持ちが薄れてきたらご注意を

今日言いたいことはそれくらい

最後まで読んでくれたあなたが大好きです

画像3
画像4

筆者のプロフィール

画像11

筆者は国家資格である柔道整復師として身体の不調や痛みの原因を根本治癒させるために今まで数千人の患者さんの治療を行なってきました。そんな中、筋肉やトレーニングだけでなく、栄養や生活習慣の面からも改善しないと根本治癒できないと考え研究を行っています。「運動・休養・栄養」の3つの柱で患者さんの生活の質の向上を考え治療活動中です。海原雄山・北大路魯山人と並ぶ自他ともに認める美食家。三浦健太郎追悼でベルセルク全巻読み中^^今日の好きなシーン^^

何でも器用に人並み以上にこなせるジュドーが、最後までキャスカに好意を伝えることができなかったシーン

ベルセルク ジュドー
出典「ベルセルク」三浦建太郎

YouTubeや他のSNSは下記のリンクから^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/2656/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA