お金がない?それあなたのせいだよ?

結論から言います

「ローンを組まないと買えないものは買ってはいけないものである」

言いたいことを言ったのであとはダラダラと解説していきますよ

今回何でこんなことを書こうと思ったのかというと、私の周りでいつもお金がない人がいます

給料日までカツカツで生活している人です

そして給料日になるとそのお金は一気にカードの返済に充てられたりします

何でそーなるの?

私には不思議でなりません

そんなわけで今回はお金についてのマインドについて解説していきたいと思います

今回の記事でわかること

・あなたにお金がない原因がわかる
・お金を貯める方法がわかる

以上のことについて解説していきたいと思いますので最後までぜってぇみてくれよな!!

目次

  1. まずは差し出せ
  2. ローンを組まないと買えないものは買うなよ・・・
  3. 人の為になるお金の使い方ならまだ良い
  4. 「みんながそうだから」は危ないよ
  5. どうせ使うなら経験や思い出に使おう
  6. 自己投資(本を読んだり勉強)にお金を使おう
  7. まとめ

まずは差し出せ

出典「ジョジョの奇妙な冒険」荒木飛呂彦 シュガーマウンテン
出典「ジョジョの奇妙な冒険」荒木飛呂彦

あなたの周りのお金がないが口癖の人はいつも奢ってもらおうとしていませんか?

それは「本当にケチな人」か、「あなたと関わりたくないと思っている」かのどちらかです

後者の方は無理して付き合う必要はありませんが、前者の本当にケチな人というのは貧乏マインドでお金がないが口癖の人です

そんな人に限ってコンビニでほしくもないしょうもないお菓子を買ったり、借金して車を買ったりしています

そんな人は貰ってばっかいないでまずは与えましょう

「全てをあえて差し出した者が、最後には真の全てを得る」という言葉があります

他には「放さなければ、次のものを握ることはできない」などがあります

人間はスペースがあると埋めたくなる性質があります

手放す、放っておくというのは一見ネガティブな印象を受けますが、実際そうでもないというのが筆者の個人的な感想です

話が脱線してしまったが、お金がないが口癖の奢ってもらうばかりの人はあえて先手を打って誰かに奢ってあげる、喜ぶことをしてあげるといったことをしてみるとお金が回ってきますよ

おすすめは寄付です

お金がないといっている人は圧倒的に寄付の経験が何人が多いです

ちなみに年収90万円のこの方も寄付やプレゼントをしていますよ

年収90万円以上のあなたがそれをしない理由を出すのは難しいですよね^^

なので、まずは差し出そう

ローンを組まないと買えないものは買うなよ・・・

ローン 借金

私の周りの「お金がない」が口癖の人はもれなくローンを組んでいます

月々の支払いがきつい

何言ってんだ?

あんたがお金もないのに欲望のままに欲しいものを買ったからでしょうに・・・

ローンって言ってみたら足枷です

自由がなくなります

出典「ハンターハンター」冨樫義博 鎖 足枷 ウヴォーギン
出典「ハンターハンター」冨樫義博

ちなみにものを買った時の幸福度というものは秒でなくなります

私も以前実験的に100万円くらいの高級時計というものを買ってみたのですが、数日経ったら100均の時計と同じような感覚に陥りましたよ

いやいや・・・

それはあなたの感想ですよね・・・そう言いたい人もいると思います

しかしあなたが使っているそのスマホは10万円以上していませんか?

10万円といったら大金です

それを投げたりその辺に適当に置いたり、汚れたままにしていませんか?

ほらね

そーいうことですよ

ものにお金を使うのをやめろとは言いませんが、せめてそんな価値が瞬殺で落ちるようなものにローン(借金)を使ってまで買うのはやめた方がいいと思いますよ

でも若いうちにいい車を手に入れる、家を持つなんてかっこいいじゃないっすか!!

そう言う人もいると思います

そら若いうちにそれらがあるとかっこいいです

でもそれって、元の額よりもトータルでお金を払わないといけないですよね?

おまけに売ろうをしても価値は半分以下でしょ?(価値が買値より上がるなら借金しても買う価値ありだけどそんなもんほとんどない)

借金して価値のなくなるもの買うなんて意味がわからんことしているのになんで気がつかないんだろなぁ・・・

少し時間がかかっても、現金しっかり貯めて買って余計なお金を払わない方がいいのではないですか?

年寄りになるまで幸福度の低く価値の半減したモノのために働かないといけないのはわけわからんと思いませんかね?

ちなみに浪費と割り切って、日々のお金のなさに不満がない人はローンを組んで買うのは筆者は大賛成ですよ^^

人の為になるお金の使い方ならまだ良い

人の為 偽
人の為と書いて偽と読むけどね

車や家というのは大きな買い物です

若いうちにそれらを手に入れることは周囲から一人前の称号を得ることができるという特典があります

しかしはっきりいうと「そんなもんはクソである」です

「時間は限られてる。他人の人生を生きるな!」

あまりにも有名な私のライバルスティーブ・ジョブスの言葉です

人生は何かを成すにはあまりにも短いです

周囲の顔色をうかがったり、評判のために生きるのは自分の人生を生きる上で邪魔でしかありません

人間は絶対いつか死にます

それが数十年後なのか、数秒後なのかはわかりません

死ぬのに順番なんかありません

そんな状態で他人の人生を生きるなんてことはあまりお勧めできないのが正直な感想でありクソだなぁと個人的に思うのです

前置きが長くなってしまったが、人の為になるお金の使い方はいいと思っています

もっと詳しくいうと、自分の身の程を考えた上で人の為になるお金の使い方です

例えば、親が一度でいいからベンツに乗りたいといったとしましょう

親の悲願だというなら(まぁそんなことはほとんどないだろうが)、その願いを叶えるために無理のない借金をして買うというのもアリでしょう

しかし、自分が欲しいから、なんか持ってたらかっこいいからといった状態の時は最安値のものでいいと思います

それを買うことで自分だけでなく自分の周りの人の為になる、そういったお金の使い方ができるといいと思います

sittoru

「みんながそうだから」は危ないよ

危険 警告
危険な思想

みんながそうだから・・・

この言葉結構やばいと思いませんか?

みんなが結婚しているから

みんなが働いているから

みんなが車を持ってるから

みんなが家を持っているから

みんながそうだから・・・

まだやばいと思わないですか?

それなら、みんなが死ぬから一緒に死ぬの??

死なないでしょ(笑)?

みんながそうだから私はまだマシなんて考えは筆者的にはナンセンスです

みんなと一緒なことをしているからあなたにはお金や時間がないのでしょ?

なら「みんながそうだから」を少し疑った方がいいかもしれませんよ

どうせ使うなら経験や思い出に使おう

出典「NISSAN自動車」物より思い出
カーシェアで十分だけどね
出典「NISSAN自動車」

お金の使い道としては物より思い出・・・

そういうCMが昔ありましたが(これ自体がモノのCMですけどね)、これ正解ですよ

先ほど言ったものを買った時の幸福度は秒でなくなりますが、体験や思い出になることに使ったお金の幸福度は長持ちします

何ならグレードアップして脳に記憶されることもあります

以前書いた「お金で幸せを買う方法を考える」でもそれは書いていますので詳しく知りたい人はこちらをみてみましょう

これほど人生を豊かにしてくれるものは他にありませんよ

旅をするとか、何かセミナーに行くとか、大会に参加するとか・・・

少しのお金でその後も永遠にしゃぶり尽くせる方法が山のようにあります

別に誰か知り合いと一緒に行かないといけないということでもありません

一人で行ってもいいのです

行ったその先で何らかの出会いがあるでしょう

最近はSNSなどで気軽に連絡先を交換できる時代です

私も以前行ったこんなところでたくさんの人と出会ってますよ

そして今もこれらの体験は私の胸を熱く焦がしています

なんてコスパのいい

食事をするという体験もまた良いでしょう

筆者も飲食店を応援したいという気持ちで結構必死に飲食店をまわっています(半分趣味ですが)

ただ単に食欲を満たすだけなら動物でもできるので、筆者の場合はお店にいところやすごいところをできるだけ見るようにしてそれを自分以外の人にわかりやすく伝えることを心がけています

そんな感じでものよりも思い出や体験にお金を使うことを強く勧めます

自己投資(本を読んだり勉強)にお金を使おう

猫 勉強
わかんないから勉強するんだにゃ

自己投資にお金を使おうなんていったらなんだか日本では冷ややかな目で見られそうですが・・・

私は最近うすうす感じてきているのですが、日本人ではないようです

1日6分以上しているからね

自己投資しようというからといってお金をアホみたいに使えばいいという訳じゃないですよ

自己投資の目安
・それをすることで収入が上がる
・それをすることで自己投資以上稼げる
・できれば自腹を切る

以上の目安を満たす自己投資を行うことが良い自己投資です

そんな中で一番コスパのいい自己投資が「読書」です

読書ですからネット記事ではなく本を読むのですよ(私の記事は別(笑))

読書とネット記事の違いは以下の通りです

読書はしっかりとした栄養のある食事

ネット記事は心が躍るお菓子みたいなジャンクフード

そういうとなんとなく違いがわかりやすいでしょう

最近では無料でYouTubeなんかでも勉強できますが、やっぱり自己投資としては自腹で本を買ったりして勉強する方が圧倒的にいいです

人間は損をしたくないと言う気持ちが働くので、勉強する心構えが変わります

皆さんも経験あると思いますが、親から学費を出してもらっていた学生時代は勉強のモチベーションなかったでしょ?

そんな感じです

そんなに本を買うほどお金がないよ・・・

と言う人

逃がしませんよ^^

そう言う人は図書館に行きましょう

図書館は本当にありがたい施設です

だって、本をタダで読み放題なんですよ?

そんな素晴らしい施設利用しない手はないです

図書館が近くにない人やすぐに色々読みたい人は1ヶ月1000円くらいは使えるでしょう

そんな人はこれ

最新作はお金が別途かかりますが、少し古い本はほとんど月額で読み放題です

そんなすごいことないですよ

紙の本派の筆者自身も電子書籍には最初は否定的でしたが、iPadのような大きなガジェットでこれを使うと死ぬほど読みやすいことに気がつきました

今では月1000円で1ヶ月100冊以上の本を読めています^^

スマホで読むのもいいですが、大きめのiPadで読むことをお勧めします

まとめ

ローンを組まないと買えないものは買ってはいけない

人の為になるお金の使い方ならまだマシ

自分のために買うなら最安値で良い

みんながそうだからという思想は危ない

人は人、自分は自分

お金を使うなら経験や思い出に使うと幸福感が長持ちするどころか、倍増する

自己投資こそ最強の投資

特に読書が最強にコスパが良い

本を買えない人は図書館へ行け

Kindle Unlimitedは最強にコスパがいい

今日言いたいことはそれくらい

最後まで読んでくれたあなたが大好きです

書いてる人            

広島県の福山で筆者は国家資格である柔道整復師として身体の不調や痛みの原因を根本治癒させるために、今まで数万人の患者さんの治療を行なってきました。そんな中、筋肉やトレーニングだけでなく、栄養や生活習慣の面からも改善しないと根本治癒できないと考え研究を行っています。「運動・休養・栄養」の3つの柱で患者さんの生活の質の向上を考え治療活動中です。海原雄山・北大路魯山人と並ぶ自他ともに認める美食家。

今日は久々に人生論・・・

YouTubeや他のSNSは下記のリンクから^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/3730/

sittoru
協賛企業様です^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA