お尻を鍛えるメリットと効果を解説

最近はお尻専門のトレーナーがいるくらい、お尻を鍛える人が増えてきています

それは、お尻を鍛えるといいことがありすぎることを意味しています

ではそのいいこととはいったい何なのか?

本日はお尻を鍛えるメリットについて解説した記事になっています

少し考えただけでもいくつか思いつきますな

年齢はお尻に出ますし、お尻が大きいとブラジルでもモテるしほんとにメリットしかない・・・

今回の記事でわかること

・お尻を鍛えるメリットがわかる

・お尻をまず鍛える理由がわかる

以上のことについて解説していきたいと思いますので最後までお付き合いください

目次

  1. お尻から鍛えると姿勢が崩れるのを防いでくれる
  2. 見た目に変化が出やすいから
  3. 人体で一番大きい筋肉なので「テストステロン」が高まる
  4. まとめ

お尻から鍛えると姿勢が崩れるのを防いでくれる

画像1

以前からお尻の筋肉についていの重要性については解説してきていますが、今回も解説していきますね

姿勢を保つ代表的なお尻の筋肉に「大臀筋」があります

お尻の中の代表的な筋肉である「大臀筋」を鍛えると、骨盤をバランスの良い中立のポジションに保ってくれます

この大臀筋を最初に鍛えるようにしないと、反り腰や猫背を助長してしまいます

姿勢が悪い状態で筋トレをしてしまうと、脊椎分離症やヘルニアなどの症状が出る場合があります

しかし、大臀筋がしっかり働いてくれる状態で、背中の筋肉を鍛えると、体の裏面の筋肉たちが協力し合って姿勢をサポートしてくれるようになります

裏面の筋肉とは、太ももの裏の筋肉であるハムストリングスやふくらはぎの筋肉である腓腹筋やヒラメ筋です

画像4

太ももの後ろの筋肉たち

画像5

ふくらはぎの後ろの筋肉たち

これらの筋肉が一つの帯のように背面を支えてくれるのです

連結して働くこの機能を「ポステリア・キネティック・チェーン(PKC)」と呼びます

こいつが機能してくれると、姿勢は見違えるように良くなり、体の前面である胸や肩の筋肉も働きやすくなります

腹筋運動をしなくても、お腹に力が入りやすくなり、結果的に腹圧が高まります

何より腰痛の予防にもなります

プロスポーツ選手のお尻が引き締まっていることから、結果的に最速で厚い胸板や引き締まったお腹、安定した体の動きを作る近道であるということなのです

見た目に変化が出やすいから

画像2

はっきり言おう

人間見た目は大事です

ダイエットをする一番の理由は、「見た目を変える」ことが目的です

そしてこの章の話もズバリ見た目です

「お尻を鍛えることが、見た目や印象が良くなることに一番影響を与える」からです

近年の尻トレブームでお尻を鍛える女性をイメージしていただけると分かりやすいです

女性を担当するパーソナルトレーナーは、何をおいてもまず、お尻を鍛えることからスターティンします

一番変化を実感しやすい部位であり、外見を良くして魅力度を上げてくれる部位だからです

お尻の位置が高くなり、引き締まってくると、体の凹凸のメリハリが出ます

お尻の曲線が強調されることで、結果的にウエストも引き締まって見えます

満足してもらいつつ継続してもらうには、兎にも角にも結果が出やすく見えやすいお尻を強化するわけです

分かりやすいように女性をあげましたが、男性も全く同じです

お尻を最優先に鍛えることで、ベルトを閉める位置が高くなり、お腹が引き締まって見えます

お尻のラインが目に見えて引き締まって変わって見えるので、「痩せたんじゃない??」などと声をかけられる機会が増えるはずです

ここまで結果がわかる状況で鍛えないてはありません

最短、コスパを考えたらお尻を鍛えない選択なんてあり得ないです

人体で一番大きい筋肉なので「テストステロン」が高まる

画像3

突然「テストステロン」という言葉がいきなり出てきて戸惑ってる人はいませんか?

テストステロンとは何だ?という人はこちらの記事を参照してね^^

簡単にいうと、代表的な男性ホルモンです

このテストステロンは、性的な役割の他に、物事に積極的に取り組もうとする「意欲ホルモン」の一つであることがわかっています

何だか何に対してもやる気が出ない・・・なんて人はこのテストステロンの分泌悪くなっているかもしれませんね

男性は20代中頃からゆるやかにテストステロンの分泌量が減り始め、30代〜40代で急激に減少することが知られています

このテストステロンの減少を最小限に抑えることが、魅力的かつ頼もしい中年期を過ごすためのポイントになってきます

テストステロンの分泌は食事やサプリメントでも高められますが、最も効果的なのが・・・・・

お尻の筋トレになるということです^^

人体で一番大きな筋肉量を誇る大臀筋を中心に鍛えることが、テストステロンの分泌を効率的に促進できるのです

スポーツ選手の伸び代を図る指標として選手のお尻の筋肉をチェックするというものがあります

お尻の筋肉が発達しているということは、体力的・技術的にも伸び代がある可能性が高いということが推測されるからです

お尻が発達している→テストステロンの分泌が盛ん→活動的で意欲が高く能力を発揮しやすい状態

といった状態が推測されます

筋トレを継続して行うことで、テストステロンを高めていくという考え方はとても重要です

この件についてはまた別の日に解説していきたいと思います^^

まとめ

お尻を鍛えると姿勢が整いその他の筋肉も効率良く動かすことができるため、トレーニング効果も上がり結果的に良いスタイルとスポーツレベルが向上する

最短、コスパを考えたら見た目がすぐ変わるお尻を鍛えない選択なんてあり得ない

お尻の筋肉が発達しているということは、体力的・技術的にも伸び代がある可能性が高いということが推測される

お尻が発達している→テストステロンの分泌が盛ん→活動的で意欲が高く能力を発揮しやすい状態である

今日言いたいことはそれくらい

画像6
画像7

筆者のプロフィール

画像11

筆者は国家資格である柔道整復師として身体の不調や痛みの原因を根本治癒させるために今まで数千人の患者さんの治療を行なってきました。そんな中、筋肉やトレーニングだけでなく、栄養や生活習慣の面からも改善しないと根本治癒できないと考え研究を行っています。「運動・休養・栄養」の3つの柱で患者さんの生活の質の向上を考え治療活動中です。海原雄山・北大路魯山人と並ぶ自他ともに認める美食家。テストステロンについて書いてたら時間が足りなかった^^;

YouTubeや他のSNSは下記のリンクから^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/1180/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA