痩せたい女子はお菓子を捨ててプロテインを片手に街を歩こう

画像11

プロテインダイエット

一度は耳にされた人も多いのではないでしょうか

特に女子は飲むだけで体重がみるみるうちに減っていくという印象があるのではないでしょうか?

どのようにすればいいのか?

どういったことに注意すればいいのか?

プロテインって薬なの?

正しい方法を知って、リバウンドしにくいダイエット方法を身につけましょう

今回の記事でわかる事

・プロテインのことがわかる

・プロテインを使ったダイエットをするときのポイントがわかる

・プロテインのメリットデメリットがわかる

以上の事を解説していきたいと思いますので最後までお付き合いください

目次

プロテインとは

白と黒のプラスチックパック

プロテイン(protein)とは日本語で単なるタンパク質を表します

カロリーも非常に低く、手軽にタンパク質のみを摂れるサプリメントです

したがって、薬品であったり、筋肉増強剤などではないのでご安心ください

食品でいうと肉、魚、大豆製品、卵、乳製品などに含まれており普段の食事から摂取できる栄養素です

タンパク質は筋肉だけでなく、内臓や皮膚、髪の毛、爪に加えて、ホルモンやへモグロビンなど様々なカタチで材料になります

トリートメントや化粧品で体の外からケアするより、プロテインを飲んで体の中から新しく作り出す方が女子にとってメリットは大きいと考えられます

ちなみに一食当たりのカロリーは約97 kcaなので菓子パン食べるより全然いいです

プロテインダイエットとは

画像9

プロテインダイエットとは、一般的に食事の一部をプロテインとサプリメントに置き換えるダイエット法のことをいいます

置き換えをすることで、摂取カロリーをおさえることが可能ですが、他の必要な栄養素の摂取も減ることから、体調不良やリバウンド等の原因となる場合があります

なので食事のすべてをプロテインで済ませてしまわないように気をつける必要があります

ダイエットの基本は、バランスのよい食事からです

まずは、現状の食事内容を見直し、菓子パンやお米などの炭水化物のような余分に摂ってしまっているカロリーをカットします

摂り方としては、不足している栄養素の補足としてプロテインを摂ることがのぞましいでしょう

メリット

画像8

プロテインダイエットのメリットとしては、食事量を減らすことで不足しがちなタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を補給できることです

これらの栄養素はエネルギー代謝にも関わっているため、不足すると代謝低下につながる可能性があります

また、プロテインダイエットは、食事にプラスすると必要な栄養素が補給できるので、手軽に食事のバランスを整えることが期待できます

女子だけでなく、食の細いお年寄りにも手軽にタンパク質を摂取できるのでお勧めできます

さらにタンパク質を摂取すると満腹感を得やすいので、少し食事量を減らしてもストレスを感じにくく、継続しやすいというのもメリットとしてあげられます

デメリット

画像7


自己流で食事をプロテインのみに置き換えたり、極端に食事量を減らすと、一時的に体重は減ります

しかしその分、通常食にもどした際にリバウンドをしやすく、なにより体調を崩す可能性があります

プロテインは日常の食生活に取り入れ続けていく事が大切です

また、過剰にタンパク質を摂りすぎると、腎臓にも負担がかかる場合があるので、摂りすぎには注意をしましょう(医師に指摘されている方は一度相談してみてもいいかもしれません)

あとはおならが臭くなったり、少し下痢気味になったりします

プロテインダイエットの方法

画像6

どのようにプロテインダイエットを進めていけばよいのでしょう

ここでは、食事との適切な組み合わせ方、プロテインの摂取のタイミングなど、具体的な方法について紹介します

プロテインと食事の組み合わせ方は基本的には、通常のバランスのいい食事を心がけながら、食事を無理のない程度に減らします

その分をプロテインで補うように摂取しましょう

例、朝食で「食パンとコーヒー」という人は多いと思います

そこに「プロテイン」をプラスします

バタバタしがちな朝は、それだけでもタンパク質が補給できます

ポイントは先に食事の先にプロテインを摂取することです

そうすることで食事の量を減らすことができます


また、外食をするとどうしても脂質、炭水化物を必要以上に多く摂ってしまい、カロリーオーバーになってしまいがちです(特に週末)

主食や脂っこいものは、いつもより1/3程度減らして、その分プロテインを摂るようにしてみましょう

余分なカロリーをカットでき、外食時に不足しがちなビタミン、ミネラルもしっかり摂取できます

外出先で飲むときはシェイカーにプロテインの粉末のみを入れておいて持ち歩くと、好きな時に水を入れて飲むことができます

運動を意識するとさらなる効果が

昼間に女の子の前でヨガマットに座っている女性


痩せやすいカラダ作りをするには、筋肉を増やして、基礎代謝を上げることも大切です

基礎代謝が上がることでリバウンドもしにくくなります

ウェイトトレーニングなどの筋トレをするのが一番効率がいいのですが・・・

「運動をしたくても時間がない」「運動が苦手」という方は積極的に階段を使ったり、登る運動量を増やしてみることからはじめましょう

そのときに大股を心がけることもポイントです

極力日々の生活の中で歩くシーンを増やしていってコツコツ消費していく事が後に大きな結果に変わっていきます

気を付けるべきポイント

「ここがポイントだよっ!❤」の写真[モデル:にゃるる]


極端な置き換えを取り入れた無理な減量は控えましょう

基本はバランスの良い食事を心がけ、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの足りない栄養素をプロテインで補給することです

また、プロテインは水に溶かして時間が経つと変質しやすいため、飲む直前に飲料と割りましょう

割り物は水一択です

牛乳などで割りたいところですが(確かにおいしいのですが・・・)そうすると余分なカロリーが入ってしまってプロテインのいいところであるカロリーが少ないというメリットをなくしてしまいます

味が薄く感じる人はプロテインを多めに入れて味を濃くして対応してみましょう

一回のプロテインを飲むときの水の量は500mlは最低でも欲しいところです

基本は、主食、主菜、副菜、汁物などの、バランスを意識した食事が大切です

しかし忙しい毎日のなかで、毎食バランスの良い食事を摂ることは不可能なのでプロテインを食事にプラスしてみてください

プロテインは食事の直前に飲んでもいいのですができれば食事の1~2時間前に飲むなど間食感覚でとる方が空腹感が減るのでよいでしょう

まとめ

プロテインは薬でもなんでもなく単なるサプリメントです

飲んだだけでムキムキにならないのでご安心を^^

最近のプロテインはめちゃくちゃおいしくなっているので問題なし

おすすめは黒糖ミルクティー味

プロテインダイエットは、手軽で、日常の生活に取り入れやすいことが特徴です

また、ダイエット中に不足しがちな栄養素を補給できることや、満腹感を得やすいのでストレスを感じにくく、継続しやすいというメリットもあります


ただし、極端な置き換えは、リバウンドや、体調不良に繋がるため、バランスのよい食事を心がけた上でプロテインを利用し、健康的なダイエットを目指しましょう

今はブラックフライデーセールもしているので「KURO50」を入力したら50%引きです^^

8500円以上購入で送料無料などお得がたくさん

プロテインを買いたい方はこちらをクリックしてから買うと私もあなたもハッピーです^^

画像1

初心者のかたにはこんなのもありますのでプロテイン生活を手軽に始めてみませんか?

画像2

今日言いたいことはそれくらい

ちなみに私は黒糖ミルクティー味が好きです^^

画像3
普通にうまい

タンパク質についてはこちらも参照^^

書いてる人            

広島県の福山市で空手をしながら日々達人になるために体のことを研究している国家資格を持つ柔道整復師。著者自身も試合に出てその経験を踏まえて日常生活に落とし込み快適な生活を誰でも送れるように体の使い方や考え方を発信している。自他共に認めるスイーツ男子^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/1663/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA