月経周期を理解しよう「女性の筋トレのコツ」

筋トレ女子
あんまり二頭筋だけ鍛えてる女子はいないような気がする

筋トレ女子、ダイエット女子は結構多いです

そんな女子のトレーニングは男性のそれとは訳が違います

女性のトレーニングは筋肉のことだけじゃなく、日々遅いくるホルモンバランスとも戦わないといけません

それを理解することで

「効率よく筋肉をつけることができる」

「効率の良いダイエットのタイミングがわかる」

などメリットがあります

今回はそんな筋トレ女子、ダイエット女子の効率のいいトレーニングについての解説記事です

それでは最後まで心して刮目しつつ最後までぜってぇみてくれよな!!

目次

  1. 女性ホルモンを知ろう
  2. 月経周期とカラダのメカニズムを知って筋トレの効率を上げる
    1. ①月経期・・・休息
    2. ②ダイエットチャンス期・・・筋トレしよう
    3. ③デリケート期・・・ゆるく筋トレしよう
    4. ④デリケート期2・・・ゆるく筋トレしよう
  3. まとめ

女性ホルモンを知ろう

女性ホルモンと男性ホルモン
知ってるようで知らない女性ホルモン

女性のカラダは月経のサイクルに合わせて2つの女性ホルモンの分泌量が大きく変化します

なので男性みたいにガンガンいつでも筋トレをしたらいいというものでもないのです

女性ホルモンは主に2種類あります

エストロゲン(卵胞ホルモン)・・・子宮内膜を増殖させたり排卵を促すホルモンを分泌させるなどして、妊娠しやすい状態に整えます。
女性らしさにも深く関わり、肌に潤いを与えたり、女性らしいふっくらとしたカラダづくりにも貢献しています。

プロゲステロン(黄体ホルモン)・・・ときどき「ブスホルモン」などとも呼ばれ、分泌量によって肌荒れを起こしたり、イライラ、憂鬱になることもあります。
しかし、妊娠に備える働きはとても重要で、子宮の機能調整、体内の水分量保持、乳腺発育、食欲増進、基礎体温上昇など多くの役目を持っています。

以上の2つのホルモンは、1ヶ月の間にタイミングをずらして分泌量が大きく変動し、それに連動する形で心身も変化します

女性ならではですが、肌の調子やむくみの出方、生理前の眠気など、1ヶ月の中でカラダの変化がかなり出るのです

これらを細かく感じて、食事、運動、休息の内容をコントロールすることが、女性の筋トレなどの重要なポイントとなります

筋トレをガンガンしまくっているのに、思うように脂肪が減らない、体調が悪い、関節がムダに痛いといった状態なら、それは「筋トレのタイミングとカラダのリズムがあっていない証拠」です

月経周期とカラダのメカニズムを知って
筋トレの効率を上げる

月経周期

①月経期・・・休息

月経期はピリピリイライラ

月経痛、冷えの他に、疲れやすくなったり、免疫力が低下して体調を崩しやすくなったりします

また、気持ちが落ち込んでやる気が出なくなったりと、心も不安定になりやすいようです(男には分からん・・・)

そんな時にガンガンに筋トレをするというのはなかなか難しいでしょう

おまけにダイエットなんてやってはダメ

この期間は無理せずさっさと寝て、甘いもん食べてゆっくりしましょう

②ダイエットチャンス期・・・筋トレしよう

月経が終わった後は、スーパーマリオでいうところのスターを取った状態

無敵です

排卵前に当たるこの期間は、代謝が上がりダイエットの効果が出やすくなるため、筋トレするには良い期間です

特に前半は自律神経のバランスも整い、むくみも取れやすくなります

しかし・・・

後半に向かって体調が不安定になってくるので、無理はしてはいけません

カラダの変化をしっかりと感じつつ、徐々のトレーニングを控えていく感じにしましょう

③デリケート期・・・ゆるく筋トレしよう

デリケート期前半はむくみや便秘になりやすく、心身が不安定になりがちです

主な症状は、むくみ、便秘、イライラ、眠気、頭痛、だるさといった生理前症候群(PMS)の症状が出る人もいます

肌が脂っぽくなたり、吹き出物が出やすくなることも・・・

この時期は無理な筋トレやダイエットは悪手

リラックスして過ごしましょう

ゆるめの筋トレや、ヨガやストレッチでこの期間は乗り切りましょう

④デリケート期2・・・ゆるく筋トレしよう

月経前の週は一番太りやすい時期です

PMS の症状が出やすく、眠気、イライラ、憂鬱間に悩まされる人も多いです

妊娠に備える「プロゲステロン」の分泌が増えて太りやすくなるので、ダイエットをしてもいまいち効果が出にくいです

また、関節が緩みやすくなるので、高重量を扱うトレーニングは怪我の原因になります

この時期はムダなことをせず、思い切ってリラックスして過ごす時期にしてもいいかもしれません

まとめ

筋トレ女子の筋トレがうまくいく方法は、月経のリズムに合わせて筋トレと栄養補給をしよう

序盤の月経期は無理せず休みましょう

ここでカラダにムチ打っても、体調もココロも落ち込んでいるので効果は上がらない

月経が終わると筋トレやダイエットがやりやすい時期になる

特に前半は自律神経のバランスも整いむくみも取れやすい

後半は徐々に体調が不安定になるので無理はしない

デリケート期の前半はむくみや便秘になりやすい時期なのでゆるめのストレッチくらいにとどめましょう

デリケート期後半が「プロゲステロン」の分泌量が増えて最も太りやすいのでダイエットはこの時期はあまり追い込まないようにしよう

おまけに関節が緩みやすい時期なので、こう負荷のトレーニングは関節を痛める可能性があるのでやめておきましょう

ゆっくり過ごすのが良い

今日言いたいことはそれくらい

最後まで読んでくれたあなたが大好きです

書いてる人            

広島県の福山で筆者は国家資格である柔道整復師として身体の不調や痛みの原因を根本治癒させるために、今まで数万人の患者さんの治療を行なってきました。そんな中、筋肉やトレーニングだけでなく、栄養や生活習慣の面からも改善しないと根本治癒できないと考え研究を行っています。「運動・休養・栄養」の3つの柱で患者さんの生活の質の向上を考え治療活動中です。海原雄山・北大路魯山人と並ぶ自他ともに認める美食家。

新車でバイクは買ってはいけない・・・

YouTubeや他のSNSは下記のリンクから^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/3730/

sittoru
協賛企業様です^^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA