女性必見!便秘解消のための対策や解決方法を解説

女性必見!便秘解消のための対策や解決方法を解説

デトックスと聞くと、汗を出す、尿を出す、毛穴の汚れを出すなど思いつくと思います
しかし最強のデトックスとは「排便」なのです
この最強のデトックスができていない人がかなりいるようです
いわゆる「便秘」という状態です


毛穴から汗を出す前に出すものが他にあるはずです

今回はこの最強のデトックス効果がある「排便」について触れていき「便秘対策」の記事を
書いていきたいと思います

今回の記事でわかる事

・便秘の対策方法がわかる



便秘でお悩みの方のお力になれたら幸いです
今回の便秘の対策は既往があったりや医師の指導を受けている方は医師の指示に従うようにしてください
それでは解説していきましょう

目次

便秘とは

コーヒーを飲む

補足 便秘の人はあまりやらない方がいい事

まとめ

便秘とは


便秘​に関する​定義​はいくつかあるが,日本内科学会は「3 日以上排便がない状態,または毎日排便があっても残便感がある状態」と​定義​している

出典 日本内科学会


なかなか3日以上排便がない状態になったことないので分かりませんが、体験者から聞くと相当つらいようです


食事と運動は必須

女性、ランニング、ランニング、フィットネス、スポーツ、アウトドア


食事を食べない、もしくは偏食や過食気味、運動を全くしないという人は便秘傾向になるように感じます
食べないと出るものも出ませんし、食べ過ぎたり消化がうまくいっていない状態であれば詰まってしまって出るものも出ないというのも話が分かります
また、体を動かしているとトイレに行きたくなるという経験をしている人も多いと思います
便秘対策として、食事を適正な量を摂っていてウォーキングや体操など毎日しているということは言うまでもなく便秘対策の必須項目となります
それらを踏まえた上でやってみていいのではないかということを次に解説していきます

食事と運動をクリアしたうえでプラスアルファしてみよう

・食事をよく噛む

消化を助ける

単純に胃腸に負担が少ない

噛むことで食事に時間がかかり過食を防ぐ

詳しくはこちら

コーヒーを飲む

画像2
メリット

・カフェインによる腸への刺激

コーヒーを飲んで、お腹が緩くなるという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?

コーヒーのカフェインは腸の動きを活発にする作用があります

薬ではなく個人差もあるので飲み過ぎないようにしましょう

・コーヒーオリゴ糖や食物繊維により腸を活性化

インスタントコーヒーでもトイレが近くなる人もいるようですが、個人的な意見としてはドリップコーヒーがおすすめです

理由は、インスタントコーヒーより豆からの成分が多く摂取できるからです

コーヒー豆というくらいなので、当然食物繊維が含まれていると思います

インスタントコーヒーにもカフェインも入っています

歯に色が付きやすいくらいで手軽さと味はそれなりに楽しめるので使い分けたらよいと思います


デメリット

デメリット

利尿作用で水分が出てしまうので水分補給を忘れずに

・胃腸があれる可能性があります

・個人差がありますが、カフェインの作用で眠れなくなる可能性があり、それによりストレスを抱える可能性があります

眠る数時間前のコーヒーはやめよう



コーヒーを飲む注意点

画像3


・コーヒーを飲む量は一日2~3杯程度にしましょう
・こまめな水分補給はしっかりとしましょう(一日2リットルは欲しい)
・苦いのが苦手な人は牛乳とあわせてカフェオレでもオーケーです

補足 便秘の人はあまりやらない方がいい事

画像4
バランスが大事
一つの食品に偏りすぎないようにする

例えば、ヨーグルトばかり大量に摂る、野菜ばかり食べるなど、食べるものは意識して食物繊維やヨーグルトを取り入れる程度で、全体的にまんべんなく食材をとるようにしたいです

トイレで長時間頑張らない

長時間トイレで頑張ると校門に多大な負担がかかります

痔などを誘発してしまうので、頑張って出すというよりは、出るタイミングでさっと出すというのが良いです

タイミングを逃さず、我慢しないことが重要です

ちなみに、排便のタイミングを我慢すると排便を誘発する信号が届きにくくなるので我慢は出来るだけしないようにしたいものです


・リラックスできるトイレ環境を作る

画像5


知り合いの家でトイレに行ったときなんだか緊張してあまり排便できないという経験がある人は多いのではないでしょうか?
知らない人がトイレの前や横を通り過ぎたり、人の気配を感じると人はかなりストレスを感じるようです
それが原因で便秘になってしまうということもありそうです
自宅でストレスを感じてしまう人は誰もいない時間にトイレに行くか誰も使わない時間にトイレを使うか工夫が必要かもしれません
汚いトイレより綺麗なトイレというのもストレスがないのでこまめに掃除して便秘の解消をしていきましょう

まとめ

食事と運動とメンタル管理を行ったうえで
・よく噛んで食べる
・コーヒーを飲む
など補足でやってみてください
個人差があるので体調が悪くなるようならすぐにやめましょう
医師の指導を受けている人は医師の指示に従って対策していただけるとよいと思います

今日言いたいことはそれくらい

画像6
画像7

書いてる人            

広島県の福山市で空手をしながら日々達人になるために体のことを研究している柔道整復師。著者自身も試合に出てその経験を踏まえて日常生活に落とし込み快適な生活を誰でも送れるように体の使い方や考え方を発信している。嫌いなものは手数料です。フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/90/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA