知って得する!?お酒とダイエットの関係

だめ 男性 ジャッジ
酒!飲んじゃだめ!

ダイエットをする上で、お酒を飲むなんてことは私は考えられません

酒を飲んでいる限りダイエットのゴールは果てしなく遠いと思って良いでしょう

逆を言うと、酒を断つことでそれまで困難だったダイエットを簡単に行う事ができると言うことです

さりとて、「酒をやめられないんです・・・」そうい言う人もいるでしょう

今日はそんな人に知って得するお酒の情報を解説していこうと思います

今回の記事でわかること

・ダイエットの心構えがわかる

・肝臓での分解・代謝の優先順位がわかる

・酒を断つことの有効性がわかる

・ダイエット中の飲み会の時の心得がわかる

以上のことを解説していきたいと思いますので最後までお付き合いください

目次

  1. ダイエットや健康管理はゆるく頑張らない方が長く続く
  2. 酒は基本体に毒、肝臓は解毒優先するので体脂肪のもとになる
  3. 酒を止める(断酒、減酒)だけでもかなり痩せる
  4. ダイエット中の飲み会の食事
  5. まとめ

ダイエットや健康管理はゆるく頑張らない方が長く続く

サボる トレーニング 男性
だらだらとゆるくは違う!

「今日から頑張ってダイエットします!!」

そう宣言する人がよくいます

宣言することはいいことなんですが・・・

頑張ってはいけないのです

みなさんも経験があると思いますが、頑張って短期的な結果を求めるダイエットは、結局長く続かず、大多数が挫折していきます

短期的なダイエット法で頑張り続けて劇的な変化をした人もいるかもしれません

では、その後の生活はどうするのでしょうか?

頑張るのに疲れてもとの生活に戻ってしまえば、その先にあるのはリバウンドです・・・

テレビではそう言った良いところしか映しませんからね

ダイエットは、繰り返し行うほど、体は痩せにくい体質になっていきます

そして以前よりももっと頑張らないと痩せない体になってしまうのです

ダイエットは、太らない生活習慣を身につけることです

短期間で結果を出そうとせずに、最初はゆっくり無理なく始めて、一生続けられる習慣づくりを目指しましょう

好きなことして太ったのに、短期間で痩せようなんてムシが良すぎます

太った期間と同じだけ痩せる期間は必要であると考えましょう

継続こそが大事なのです

酒は基本体に毒、肝臓は解毒優先するので体脂肪のもとになる

だめ 禁止 女性
お酒は危険

お酒は太る

なんとなくそんな気がしていると思います

糖質を含むビールやワイン、日本酒は避けましょう

ウイスキーや焼酎のほうがいいとよく言われます

しかし、糖質を含むお酒を飲んでも、血糖値はそんなに上がることはありません

本当の太る原因はは、お酒に含まれる糖質やカロリーではなく、一緒の食べる食事やおつまみにあったりします

もともこうもないことをいうと、アルコールは、体にとっては毒でしかないですから・・・

そのためお酒を飲むと肝臓はまず、アルコールの分解を優先します

どういうことかというと、アルコールはすぐに分解・代謝されますが、食事やおつまみに含まれる糖質や脂質などの代謝は、アルコールの分解が終わるまで後回しにされます

こうなると、代謝しきれなかった食事やおつまみの分のカロリーが体脂肪としてたまりやすくなるのです

ちなみに、筋トレをしてプロテインを飲んでその後お酒を飲むと・・・

プロテインの分解代謝よりも先にアルコールが優先されるので、筋トレが無意味になるとまではいきませんが、トレーニング効果が半減すると思っていいでしょう

太りやすさの原因は、お酒にもあるけど実はおつまみにある事が多い

酒を止める(断酒、減酒)だけでもかなり痩せる

飲みたい お酒 妄想 女性
飲みたい気持ち

脂質異常症(高脂血症)とは、脂質の代謝が正常ではない状態のことです

特に血液中の中性脂肪量が以上に多いと、肥満や脂肪肝の原因になります

日本酒換算で飲酒量が1日1合を超えると、高中性脂肪血症になりやすい事が報告されています

お酒が好きで痩せられない人の多くが、習慣や惰性で飲んでいます

そもそもお酒は味を楽しむものでなく、酔って感覚が麻痺するのを楽しむものです

味が好きならノンアルコールでもいいはずですから

酒を止めるだけでも簡単に痩せられるので是非お試しを

当然のことですが、飲酒量が増えると肥満や脂肪肝てのになる危険が高まる

ダイエット中の飲み会の食事

ストロング酎ハイ レモン お酒
宅飲みでこれが用意されてたら潰す気満々です

仕事の付き合いなんかで同僚や友人から、飲み会に誘われる事があると思います

「ダイエット中だから」と断れば、なんだか気まずくなったりします

そこで、飲み会のポイントを紹介します

前提条件で、お酒は毒なので量は少なくしよう

いきなり厳しいですよ

そして次は、空腹で飲みに行かないことです

コンビニなどで茹で卵や野菜スティックなどの低カロリー高タンパク食品を摂取して飲み会に出てくる料理の食べ過ぎを防ぎましょう

飲み会の食事では、サラダ、おひたしなどの野菜から食べましょう

乾杯の後、まずは野菜から食べて5分以上経ってから、他のおつまみを食べ始めよう

アルコールは飲み過ぎ防止のため、少量をちびちび飲む

水を飲むというのもアリ

いうまでもないですが、シメのラーメンなんてアホな真似はしないように

ラーメンは、タンパク質が少ししかなくほとんどが「糖質と脂質」です

さらに寝る前に食べるのはやっちゃダメなやつです

飲み会で摂取したカロリーはその日に消費しましょう

水を飲みながら家まで歩いて帰って酔いを覚ましながら運動しましょう

歩けないほど飲むのは問題外です

さらに飲み会の翌日でも、断食なんてしないでください

断食をすると、体脂肪よりも先に筋肉が減ってしまうので、お腹が空いていなくてもせめてプロテインだけでも飲んでください

食べ過ぎ・飲み過ぎを反省するのではなく、最初から反省しない飲み方をしよう

まとめ

太った期間と同じだけ痩せる期間は必要であると考えましょう

継続こそが大事なのです

太りやすさの原因は、お酒にもあるけど実はおつまみにある事が多い

当然のことですが、飲酒量が増えると肥満や脂肪肝てのになる危険が高まる

食べ過ぎ・飲み過ぎを反省するのではなく、最初から反省しない飲み方をしよう

今日言いたいことはそれくらい

最後まで読んでくれたあなたが大好きです

画像1
画像2

書いてる人            

広島県の福山市で空手をしながら日々達人になるために体のことを研究している柔道整復師。著者自身も試合に出てその経験を踏まえて日常生活に落とし込み快適な生活を誰でも送れるように体の使い方や考え方を発信している。寝ない人は稼げない^^

YouTubeや他のSNSは下記のリンクから^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/2656/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA