空手の試合に出るために「新型コロナウイルス抗原検査キット(唾液用)」で検査した話

検査キット
抗原検査キットと試薬

本日、来る空手の試合のために今回「新型コロナウイルス抗原検査キット(唾液用)」を用いて検査を行いました

試合に出るためには、検査を個人で行って陰性の証明が必要とのことだったのでドキドキしながら検査を受けましたよ

今回自分で検査キットを購入して検査を行ったのでその流れをシェアしていけたらと思い今回記事を書きました

これからは、この検査をする機会がどんどん増えるのではないでしょうか

こんな時に検査したい

・どこか遠くへ仕事へ行く時

・実家に帰省するとき

・感染者の多い地域から戻ってきた時

これらの場所へ行ったり、逆に帰ってきた時周囲の人に安心してもらう一つの手段としての活用方法が予想されます

検査の方法はどうであっても、検査をしていない人で症状が出ていないという人よりも、「陰性」という結果を見せたら、とりあえず落ち着いて冷静に対応することができると思います

そんなわけで次は何を使ったかを紹介します^^

目次

  1. 今回使った検査キットはこちら
  2. 気になる中身はこちら
  3. 検査の手順
  4. 気になる検査結果はこちら
  5. まとめ

今回使った検査キットはこちら

新型コロナウイルス抗原検査キット

唾液で抗原検査ができるタイプです

新型コロナウイルス抗原検査キット

かわいいイラストでの図解でわかりやすい

気になる中身はこちら

新型コロナウイルス抗原検査キット
箱の中身はこんな感じ

・抗原検査キット:1個

・希釈液チューブ(試薬入り):1本

・唾液収集漏斗:1個

・スポイト:1本

・説明書:1枚 

辻英辰

この中に抗原検査キットが入っている

検査キットは密閉された袋に入っている

新型コロナウイルス抗原検査キット

検査キットは左側、右は唾液と混ぜる希釈液である

辻英辰

この中に唾液を5滴ほど垂らして5回振るのだ

新型コロナウイルス抗原検査キット 辻英辰

唾液を試薬入りの希釈液に入れようとする筆者の貴重な一枚(カメラ目線)

検査の手順

検査の手順
検査の手順

①唾液を収集漏斗に、そっと吐く(図の唇がやけに分厚い)

②スポイトで唾液を吸い取り、希釈液(試薬)に約5滴滴下する

③蓋をして5回振る

④希釈駅からスポイトで吸い取り、ここでも約5滴「S」に滴下する

⑤約15分で判決が出る

ちなみに唾液を出す前の注意事項は・・・

・唾液を出す30分前にうがいをする

・うがい後の30分は、飲食、うがい、歯磨きなどをしない

                                           である!

気になる検査結果はこちら

検査結果

最初はどこに線が出たら陰性なのかよくわからなかったが、説明書を読んでみると「C」の部分に線が出ると陰性のようでした

検査結果

拡大したのがこちら

今回は見事「陰性」の結果が出たのでめでたく空手の試合に参加できるということです

まとめ

以前絶対陰性だと思っていたピロリ菌の検査では、まさかの「陽性」が出てビビり上がっていたので今回陰性の結果が出てよかった・・・^^;

ピロリ菌の陽性判定にビビりあがっていた記事はこちらに記載

何はともあれ検査が必要になることが今後増えそうなので、またすることになったらこの検査キットを購入しようと決めています

ちなみにお値段は「1000円」くらいです

楽天市場で買いました^^

通販で探した中ではこれが最安でした

似たようなやつはこれ

今日言いたいことはそれくらい

最後まで読んでくれたあなたが大好きです

画像12
画像13

書いてる人            

広島県の福山市で空手をしながら日々達人になるために体のことを研究している柔道整復師。著者自身も試合に出てその経験を踏まえて日常生活に落とし込み快適な生活を誰でも送れるように体の使い方や考え方を発信している。検査もひと段落したが最後にゼッケンを胴着に縫い付ける作業が残っている。フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

YouTubeや他のSNSは下記のリンクから^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/2656/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA