ブラジル体験記⑱〜ブラジルブラブラ旅inサンセバスチャン

さてさて早いもので今年もあとわずか

サンセバスチャン編もそろそろ終わりとなってきました

とはいえ、こちらに来て毎日海に行くという生活しか送っていなかったのでなかなか他にネタがなくなってきましたがいってみましょう

目次

  1. 12月21日
  2. 12月22日
  3. まとめ

12月21日

本日もビーチに行くが少しマンネリ気味

そこでこの日はこんなものにスポットを当ててみます

日本でもおなじみのこのたばこ

画像1
そんなに悪いなら売るなよ・・・

しかし裏面を見てみると・・・

画像2

こんなものも^^;

画像3

こんな写真を貼り付けるくらいなら売らなきゃいいのに、と思うのは日本のたばこと同じ現象です

しかし裏面全体に体に悪いですアピールの写真がついているというのはかなり面白かったです

ちなみにたばこのお値段はひと箱約9レアル(180円くらい)

安い・・・

ブラジルではたばこに税金があまりかかっていないようです

そのため、かなり歩きながらの喫煙をしている人を目にすることができます

一昔前の日本みたいな感覚になります

12月22日

この日は食事をした後一人でフラフラ散策をして回りました

やっぱりどの家庭に行ってもバーベキューするみたいです

大阪の家庭にたこ焼き器があるみたいに、ブラジルの家庭にはバーベキューセットが常備されているようです

画像4
画像5

夜はタビトモ会話ブラジル編と携帯電話の翻訳機を駆使しながら一人バル的な感じの所でビールを注文してドラクエのように町の人に情報を聞き出しつつ人間の生活を観察

画像6

ゲームの中のドラクエの世界では躊躇なく初めて入った街で人に話しかけているが、なかなか初見の人間に話しかけるというのは勇気が要るものです

画像7

そんなこんなでドラクエ感覚を楽しみつつ周辺にあるトレーニングジムやプロテインショップ柔術道場を片っ端から見学していきました

ブラジルの人は鍛えている人は鍛えていて、全くのわがままボディーの人はわがままボディーな人で差が大きいという印象を受け、小規模ではあるがトレーニングジムがたくさんあるので驚きました

そしてなにより、プロテインを前面に押し出して店頭に売り出しているお店も多かったです

価格も3キロ2~3千円で日本よりも安い

プロテイン屋さんはマッチョだったのでとりあえず、筋肉をアピールするポーズをして「チャンピオーン!!」と言ったらとても喜んでいました

どの国のマッチョも筋肉をほめると何とか間が持つことがわかりました

そして、柔術道場は道路に面した場所にあったのでついつい入ってしまいました

訳の分からん東洋人がいきなり道場に来て見学させてくれと言ったら快く見学させてくれました

道場の先生のインスタのアカウントがこちら

興味のある方は見てみてください

何やら結構すごい人だったようです

まとめ

ドラクエみたいに知らない人に話しかけても意外と何とかなるもんです

特に日本人だとわかると興味津々です

ブラジルに来たときはよほど危ないところに行かない限りは多分大丈夫^^;

最初に思っていたよりは警戒心は薄くなりました

しかし、近所で強盗や、爆弾を銀行にぶっこむくらいの国なので油断は禁物です

気を引き締めて行きましょう

今日言いたいことはそれくらい

画像8
画像9

筆者のプロフィール

画像11

筆者は国家資格である柔道整復師として身体の不調や痛みの原因を根本治癒させるために今まで数千人の患者さんの治療を行なってきました。そんな中、筋肉やトレーニングだけでなく、栄養や生活習慣の面からも改善しないと根本治癒できないと考え研究を行っています。「運動・休養・栄養」の3つの柱で患者さんの生活の質の向上を考え治療活動中です。海原雄山・北大路魯山人と並ぶ自他ともに認める美食家。人に話しかけるハードルが一気に下がった今日この頃!

YouTubeや他のSNSは下記のリンクから^^フォロー拡散して頂けると作者が喜びます^^

https://shiryuukai.com/344/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA